TOPICS

 

所得拡大促進税制~雇用保険の一般被保険者とは?

2015 年 5 月 1 日

所得拡大促進税制の適用要件の一つにある、
雇用保険の一般被保険者に該当する者に対する給与等の支給額というのがあります。

この雇用保険の一般被保険者ですが、
正社員や週20時間以上働くパート等がおり、
その者が本来の雇用保険の一般被保険者に該当すれば、
事業主が雇用保険の加入手続を行っているかどうかにかかわらず、
一般被保険者となるということなのです。

税務上は、雇用保険の加入手続きや保険料の納付の有無は関係せず、
雇用保険法上の一般被保険者に該当すれば、OKなのです。