TOPICS

 

休眠会社等の整理

2014 年 10 月 22 日

法務省が12年ぶりに休眠会社等の整理をするとのこと。

今回の整理対象となるのは、
休眠会社(最後の登記から12年を経過している株式会社)
休眠一般法人(最後の登記から5年を経過している一般社団法人又は一般財団法人)。

役員変更登記等の登記が長期間なされていない株式会社は、
営業廃止や実体のない会社となっている可能性が高く、
登記をそのままにしておけば、休眠会社を利用した犯罪が行われる等、
いろいろ弊害が生じるおそがある。
そのために休眠会社等の整理をするとのことです。

平成26年11月17日時点で上記に該当する場合は、
2カ月以内に一定の届出等をしない限り、
登記官が職権で解散登記を行う。